文学を歩く

logo-basyou.gif (5156 バイト)

 「奥の細道」を歩く

 月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅
人也。舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえ
て老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖と
す。古人も多く旅に死せるあり。

 予もいづれの年よりか、片雲の風にさそは
れて、漂白のおもひやまず、海浜にさすらへ、
去年の秋江上の破屋に蜘の古巣をはらひて、
やゝ年も暮、春立る霞の空に白川の関こえん
と、そゞろ神の物につきて心をくるはせ、道
祖神のまねきにあひて、取もの手につかず。

 もゝ引の破をつゞり、笠の緒付かえて、三
里に灸すゆるより、松嶋の月先心にかゝりて
住る方は人に譲り、杉風が別墅に移るに、

  草の戸も住替る代ぞひなの家

 面八句を庵の柱に懸置


asino-yugyoyanagi.jpg (81038 バイト)
白河の関の南
芦野の遊行柳
 

松尾芭蕉の『奥の細道』は日本
文学史上の最高傑作である。特
に、紀行文学が好きな者にとっ
ては、たまらない魅力がある。

『奥の細道』は、芭蕉46歳の
元禄2年(1689)3月27日
に江戸深川を出発し、8月21
日に岐阜大垣へ到着するまでの
5ヶ月間約600里の旅の記録
である。

流麗な文章に珠玉の俳句をちり
ばめたこの紀行文学は、5年間
をかけて推敲され、元禄7年春
に完成したが、その年の10月
12日、芭蕉は51歳で亡くな
っている。
    
 深  川  芭蕉記念館、芭蕉庵跡、採荼庵跡  羽黒山  羽黒山
 千住・草加  千住大橋付近、草加松原  月山・湯殿山  月山、湯殿山
 室の八島  大神神社  鶴岡・酒田  鶴岡、酒田
 日  光  東照宮、裏見の滝  象 潟  象潟
 黒  羽  光明寺、雲巌寺  越後路  鼠ケ関、村上、出雲崎、弥彦
 那  須  殺生石、温泉神社  市 振  親不知、市振
 芦  野  遊行柳  奈呉の浦  放生津八幡宮、荒屋神社

 白河の関

 境明神、白河の関跡

 金 沢  倶利伽羅峠、願念寺、成学寺
 須賀川  乙字ヶ滝、可伸庵跡、十念寺  小 松  日吉神社、建聖寺、多太神社
 しのぶの里  黒塚、文字摺石  那谷寺  那谷寺
 飯坂  医王寺、飯坂温泉、国見峠  山 中  山中温泉
 笠島  白石、道祖神社、実方墓  全昌寺  全昌寺
 武隈の松  武隈の松  汐越の松  汐越の松
 宮城野  薬師堂、榴ヶ岡  天龍寺  天龍寺
 壷の碑  おくの細道、多賀城跡  永平寺  永平寺
 末の松山  末の松山、沖の石  福 井  左内公園
 塩竃の明神  塩釜神社  敦 賀  気比神宮、出雲屋跡
 松 嶋  松嶋、雄嶋が磯、瑞巌寺  色の浜  色の浜、本隆寺、常宮神社
 石 巻  日和山、袖の渡り、登米  大 垣  奥の細道むすびの地
 平 泉  高館、中尊寺、毛越寺  大 津  芭蕉晩年のゆかりの地
 尿前の関  尿前の関、封人の家  伊賀上野  芭蕉生誕の地
 山刀伐峠  山刀伐峠   更科紀行  更科紀行の句碑をたずねる
 立石寺  尾花沢、立石寺  吉野山  吉野山の句碑をたずねる

 最上川

 大石田、本合海、白糸の滝    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関連サイト

俳聖芭蕉・みちのくの足跡

 奥の細道総合データベース

芭蕉DB

 年表、文集、句集など芭蕉に関するデータベース

千住sin

 奥の細道への第1歩を踏み出した地「千住」の情報満載

のぶさんの奥の細道歩行記

 奥の細道の徒行記録

芭蕉.COM

  おおがき芭蕉生誕360年祭を応援するポータルサイト

  参考文献 「奥の細道」旺文社文庫:奥の細道、野ざらし紀行、鹿島紀行、笈の小文、更級紀行、曾良随行日記
      「奥の細道を旅する」JTB Can Books
:工程図、写真と原文、地図付きの旅ガイド
      「奥の細道を歩く」新潮社とんぼの本
:原文と曾良随行日記にしたがった解説、写真、旅行ガイド。
      「奥の細道の旅ハンドブック」三省堂
:地図、文献による解説
      「古典を歩く1・奥の細道」毎日グラフ別冊
:写真、原文、地図、旅ガイド


Home  since 2017/5/25