文学を歩く

logo-siba.jpg (13923 バイト)

〜「街道をゆく」
        

1996年2月に急逝した司馬遼太郎さんは、歴史への鋭い洞察力で数々の作品を生み出してきた。中でも、25年間、1147回にわたって、『週刊朝日』に連載された名作『街道をゆく』は、取材した街道72、原稿用紙1万8千枚に及んだ。『街道をゆく』を携え、司馬さんがたずねた街道の中からいくつかの街道を選んで、司馬さんが見たであろう風景を追体験してみたい。

 壱岐・対馬の道
 
郷ノ浦・勝本・厳原・木坂

 肥前の諸街道
 
福岡・呼子・平戸・長崎

 中津・宇佐のみち
 
薦神社・宇佐神宮・中津

 豊後・日田街道
 
日出・由布院・日田

  島原・天草の諸道
 
諫早・口之津・本渡・崎津

 肥薩のみち
 
熊本・人吉・鹿児島

 種子島みち
 
西之表・島間

 長州路
 
下関・山口・津和野

 芸備の道
 
安芸吉田・三次

 砂鉄のみち
 
米子・安来・菅谷・津山

 因幡・伯耆のみち
 
国府・鳥取・倉吉・美保関

 南伊予・西土佐の道
 
宇和・宇和島・松野
 檮原街道
 
高知・梼原
 阿波紀行
 
鳴門・脇町・池田・祖谷
 播州揖保川・室津みち
 
伊和神社・山崎・龍野・室津
 明石海峡と淡路みち
 
明石・岩屋・洲本・慶野
 洛北街道
 
鞍馬街道・山国街道・周山街道
 河内みち
 
高貴寺・弘川寺・観心寺
 大和・壷坂みち
 
橿原市今井・高取城址
 奈良散歩
 
東大寺・二月堂界隈
 竹内街道
 
石上神宮・竹内峠
 葛城みち
 
笛吹神社・一言主神社
 甲賀と伊賀のみち
 
上野・御斎峠・信楽
 湖西のみち
 
大津・安曇川・朽木谷
 近江散歩
 
柏原宿・彦根・安土城址
 十津川街道
 
五條・天辻峠・十津川
 堺・紀州街道
 
堺・樫井
 高野山みち
 
九度山・高野山
 大和丹生川街道
 
唐戸・十日市・鹿場・黒淵
 紀ノ川流域
 
根来寺・和歌城
 熊野・古座街道
 
すさみ・古座峡・古座川
 叡山の諸道
 
坂本・横川・無動寺谷
 北国街道
 
敦賀・栃ノ木峠・余呉湖
 越前の諸道
 
福井・大野・勝山・永平寺
 郡上・白川街道
 
郡上八幡・白川村・五箇山
 飛騨紀行
 
高山・古川・数河・茂住
 濃尾参州記
 
名古屋・有松・松平郷
 信州佐久平みち
 
上田・東部・小諸・浅科
 佐渡のみち
 
佐渡島
 羽州街道
 
山寺・米沢・上山
 白河・会津のみち
 
白河・大内宿・会津若松
 仙台・石巻
 
岩沼・仙台・松島・石巻
 秋田県散歩
 
象潟・秋田・八郎潟・能代
 北のまほろば・冬の旅
 
弘前・木造・十三湖・金木
 北のまほろば・夏の旅
 
青森・蟹田・三厩・竜飛崎
 北海道の諸道
 
函館・江差・石狩・月形・旭川
 オホーツク街道・秋の旅
 
網走・常呂
 オホーツク街道・冬の旅
 
宗谷岬・紋別・網走・知床

を、む。に、く。と、出会う。そしてはるかなを、る。いま、日本という(くに)を、(し)る。


kaidou-o-yuku.jpg (12457 バイト)
題字:棟方志功
「日本人はどこからきたのでしょうね」と、編集部のH氏がつぶやいたのも、どうせちゃんと答えがあるは
ずがないという物憂げな語調だった。しかしこの列島の谷間にボウフラのように涌いて出たのではあるまい。

この連載は、道を歩きながらひょっとして日本人の祖形のようなものが嗅げるならばというかぼそい期待を
もちながら歩いている。

街道はなるほど空間的存在ではあるが、しかしひるがえって考えれば、それは決定的に時間的存在であって、
私の乗っている車は、過去というぼう大な時間の世界へ旅立っているのである。
             「湖西のみち」より


私のたのしみというのは、毎日、書斎でうずくまっていることらしい。やがてそこから人間がやってくるのに逢う。いまだにやって来ぬ人もいる。旅には、そのために出かけるようなものだ。

人間は、古代から「暮らし」のなかにいる。たとえ廃墟になっていて一塊の土くれしかなくても、その場所にしかない天があり、風のにおいがあるかぎり、かって構築されたすばらしい文化を見ることができるし、動きつづける風景を見ることができる。

人間という痛ましくもあり、しばしば滑稽で、まれに荘厳でもある自分自身を見つけるには、書斎での思案だけではどうにもならない。地域によって時代によってさまざまな変容を遂げている自分自身に出遭うには、山川草木のなかに分け入って、ともかくも立って見ねばならない。
                                               「私にとっての旅」より抜粋
       


   

               03.9.23 撮影


関連サイト
 「街道をゆく」公式ページ 司馬遼太郎記念館 司馬遼わあるど 「街道をゆく」を訪ねて


Homesince 2015/5/22