ありし日の蒸気機関車の姿

SLグラフィティ

 


Home
since 2017/7/19



SLといえばD51、SLについては門外漢であっても、D51(デコイチ)だけは誰でも知っていたようだ。鉄道通といわれる人たちも、日本のSLの最後を飾るのは、D51であろうと予想していたし、誰もそれを疑わなかった。

しかし、予想に反して、営業線上の最後の客車を牽引したのは室蘭本線のC57(シゴナナ)であったし、入換え用としてその後も残り、実質的なSL終焉の幕をおろしたのは、北海道追分機関区の9600(キュウロク)であった。

九州地区においても、それは例外ではなかった。日田彦山線の石灰石輸送を受け持っていたD51が早々に引退した後、筑豊と南九州にわずかながら残っていたD51も、かっての陸の王者の面影はなく、日向路のC57と田川路の9600が主だったところだった 。

やはり、特筆すべきは田川路の9600であろう。その9600も、末期にはC11の応援を受けるなど、苦しい状態が続いたが、よわい50を越えていたわりには、実によく働いた。

北九州から峠を越えて30分、そこは『青春の門』のふるさと、筑豊の真っ只中である。今こうして夜のしじまの中でペンを走らせていると、9600を求めて、筑豊の山野を思う存分走りまわったあの頃がなつかしく思い出される。9600が走らなくなってから6年以上経ち、DE10が黙々と石灰石を運び続けている。

9600が消えた今、田川線の油須原をたずねる人はまれであり、かって鉄道ファンの三脚が並んだ場所には草が生い茂り、足を踏み入れることさえできない。ファンの写真をいっぱいに飾った峠の茶屋も、店じまいしてしまった。

それでも、時々は油須原をたずねてみる。かって9600をとらえた同じポイントで、あの頃と同じように、三脚を立ててDE10を待っていると、元気に煙を吹き上げていた頃の9600の姿とオーバーラップして、何ともやるせない気持ちになることがある。


 キネマ旬報社『蒸気機関車』終刊号(1981年7月号)「きゅうろくの構図」より
  SLdaia.jpg (67490 バイト)
     ボロボロになった『SLダイヤ情報』創刊号(1972年)
   SLjyoki.jpg (63816 バイト)
    SLのグラビア専門誌『蒸気機関車』終刊号(1981年)