芭蕉が見た風景 深川   1689年3月27日
 (新暦5月18日)
2002.9.23取材
CAMEDIA E-100RS
   
 弥生も末の七日、明ぼのゝ空朧々として、月は在
明にて光おさまれる物から、不二の嶺幽にみえて、
上野・谷中の花の梢、又いつかはと心ぼそし。むつ
ましきかぎりは宵よりつどひて、舟に乗て送る。


芭蕉は、住んでいた家を人に譲り、そこから程近い門人
鯉屋杉風の別荘・採荼庵(さいとあん)に移り住んで旅立
ちへの準備をはじめる。

3月27日の早朝、船で小名木川から隅田川に出て、流
れをさかのぼって、みちのくへと旅立つ。

今、深川をたずねてみると、当然のことではあるが、芭
蕉をしのぶよすがはほとんど残っていない。高層ビルに
さえぎられて、富士山はもとより上野の森も見えない。

芭蕉は間違いなく、ここ深川から白河の関を目ざした。
芭蕉記念館から仙台堀川・海辺橋の採荼庵跡まで歩いて
みると、芭蕉と同じ空気に触れたような錯覚におちいっ
たような気がした

   
 fukagawa-dohyo.jpg (187750 バイト)
 左芭蕉庵、右遊行柳と刻まれた
 架空の道標(芭蕉記念館 庭)。

   
fukagawa-basyoan.jpg (70548 バイト)
芭蕉稲荷神社内の芭蕉庵跡石碑。
fukagawa-saitoan.jpg (61250 バイト)
採荼庵跡の旅立とうとする芭蕉。
fukagawa-basyozou.jpg (56796 バイト)
芭蕉庵史跡展望庭園の芭蕉。

[芭蕉が見た風景][次へ]