芭蕉が見た風景 伊賀上野 2002.5.27取材
CAMEDIA E-100RS

igaueno-seikawaraji.jpg (120332 バイト)
芭蕉生家の土間にかけられていたわらじ。
あやめ草足に結ん草鞋の緒
の句を思い出す

伊賀上野で芭蕉の足跡をたずねた。まず、赤坂町の芭蕉翁生家。芭蕉は正保元年(1644)、この地で生まれた。

西日南町の蓑虫庵。芭蕉五庵のひとつとされているが、現存しているのは蓑虫庵だけ。芭蕉は、貞享5年(1688)、庵開きのお祝いにかけつけ、「みの虫の音を聞きにこよ草の庵」という句を詠んだが、この句にちなんで、蓑虫庵と名付けられたという。

農人町の故郷塚。松尾家の菩提寺愛染院の境内にある芭蕉の遺髪を納めた塚。芭蕉は元禄7年(1694)、大阪で亡くなり、遺言により大津の義仲寺に葬られたが、門人が遺髪を愛染院の藪かげに埋めたことに由来する。

  
igaueno-seikaato.jpg (87489 バイト)
  「史蹟芭蕉翁誕生の地」の標石が立つ。この中に、
  生家と釣月庵があるが、当時の建物ではない。
   
igaueno-minomusi.jpg (87515 バイト)
静かな園内に立つ蓑虫庵。
igaueno-kuhi.jpg (70354 バイト)
「古池や」の句碑。
igaueno-sikisi.jpg (50431 バイト)
臼を使った敷石。
igaueno-kokyoduka.jpg (74947 バイト)
愛染院境内奥にある故郷塚。

[芭蕉が見た風景]