芭蕉が見た風景 飯坂 1689年5月2日
(陽暦6月18日)
2004.4.23-24取材
E-100RS DSC-F828
  

 月の輪のわたしを越て、瀬の上と云宿に出づ。佐藤庄司が舊跡は、左の山際一里半斗に有。飯塚の里鯖野
と聞て尋たずね行に、丸山と云に尋あたる。是、庄司が舊舘也。梺に大手の跡など、人の教ゆるにまかせて
泪を落し、又かはらの古寺に一家の石碑を殘す。中にも二人の嫁がしるし、先哀也。女なれどもかひがいし
き名の世に聞こえつる物かなと、袂をぬらしぬ。墜涙の石碑も遠きにあらず。寺に入て茶を乞へば、爰に義
經の太刀、辨慶が笈をとゞめて什物とす。

  笈も太刀も五月にかざれ帋幟

五月朔日の事也。


医王寺薬師堂の佐藤兄弟墓碑。

医王寺の「笈も太刀も」句碑。
 

 其夜飯塚にとまる。温泉あれば、湯に入て宿をかるに、土坐に莚を敷て、あやしき貧家也。灯もなければ、
ゐろりの火かげに寢所をまうけて臥す。夜に入て雷鳴、雨しきりに降て、臥る上よりもり、蚤・蚊にせゝら
れて眠らず
持病さへおこりて、消入斗になん。短夜の空もやうやう明れば、又旅立ぬ。猶夜の餘波心すゝ
まず。馬かりて桑折の驛に出る。遙なる行末をかゝえて、斯る病覺束なしといヘど、羇旅邊土の行脚、捨身
無常の觀念
道路にしなん、是天の命なりと、氣力聊とり直し、路縱横に踏で、伊逹の大木戸をこす。
    


飯坂温泉駅前の芭蕉像。

蔵造りの湯宿なかむらや。

共同浴場の鯖湖湯は明治時代の建物を復元。


伊達の大木戸・国見峠長坂跡。


国見峠長坂茶屋跡、奥の細道文学碑。

[芭蕉が見た風景][次へ]