芭蕉が見た風景 市振 1689年7月12日
(陽暦8月26日)
2003.5.16取材
CAMEDIA E-100RS

今日は親しらず・子しらず・犬もどり・駒返しなど云、北国一の難所を越てつかれ侍れば、枕引きよせて寝たるに、一間隔て面の方に、若き女の声二人計ときこゆ。年老たるおのこの声も交て物語するをきけば、越後の国新潟と云所の遊女成し。伊勢参宮するとて、此関までおのこの送りて、あすは古郷にかへす文したゝめて、はかなき言伝などしやる也。

「白浪のよする汀に身をはふらかし、あまのこの世をあさましう下りて、定めなき契、日々の業因、いかにつたなし」と物云をきくきく寝入て、あした旅立に、我々にむかひて、「行衛しらぬ旅路のうさ、あまり覚束なう悲しく侍れば、見えがくれにも御跡をしたひ侍ん。衣の上の御情に 、大慈のめぐみをたれて、結縁せさせ給へ」と泪を落す。不便の事には侍れども、「我々は所々にてとヾまる方おほし。只人の行にまかせて行べし。神明の加護、かならず恙なかるべし」と云捨て出つゝ哀さしばらくやまざりけらし。

 
 
 一家に遊女もねたり萩と月

曾良にかたれば、
書きとどめ侍る。


親不知を越え坂道を下ると、市振の海道松が見えてくる。


 
 
雨に煙る親不知の海岸。

 
 かつては、波打ち際を歩いた。
                

弘法大師の伝説が残る井戸

芭蕉が宿泊した桔梗屋跡

長円寺の句碑

関所跡のエノキ


越中境PA(上り線)の「一家に〜」の句碑。


越中境PA(下り線)の「一家に〜」の句碑。2012/10/3


[芭蕉が見た風景][次へ]