芭蕉が見た風景 笠島 1689年5月4日
(陽暦6月20日)
2004.4.24取材
DSC-F828
  

 鐙摺・白石の城を過、笠嶋の郡に入れば、藤中将実方の塚はいづくのほどならんと人にとへば、「是より
遥右に見ゆる山際の里をみのわ笠嶋と云。道祖神の社、かた見の薄今にあり」と教ゆ。此比の五月雨に道い
とあしく、身つかれ侍れば、よそながら眺やりて過るに、蓑輪・笠嶋も五月雨の折にふれたりと、

  笠嶋はいづこさ月のぬかり道

 岩沼に宿る。
       


鐙摺坂。

   

飯坂医王寺の項に出てくる「二人の嫁」の像。
鐙摺坂を越えた田村神社甲冑堂に復元されている。
   

藤中将実方は道祖神社の門前で急死した。

奥の細道文学碑と
「笠嶋は」の句碑。

実方の墓。

[芭蕉が見た風景][次へ]