芭蕉が見た風景 黒羽   1689年4月3日
 (新暦5月21日)
2002.9.21取材
CAMEDIA E-100RS
     
 那須の黒ばねと云所に知人あれば、是より野越にかゝりて、直道をゆかんとす。遥に一村を見かけて行に、雨降日暮る。農夫の家に一夜をかりて、明れば又野中を行。そこに野飼の馬あり。草刈おのこになげきよれば、野夫といへどもさすがに情しらぬには非ず。「いかゞすべきや。されども此野は縦横にわかれて、うゐうゐ敷旅人の道ふみたがえん、あやしう侍れば、此馬のとゞまる所にて馬を返し給へ」と、かし侍ぬ。ちいさき者ふたり、馬の跡したひてはしる。独は小姫にて、名をかさねと云。聞なれぬ名のやさしかりければ、

  
かさねとは八重撫子の名成べし 曽良

 頓て人里に至れば、あたひを鞍つぼに結付て、馬を返しぬ。

 黒羽の館代浄坊寺何がしの方に音信る。思ひがけぬあるじの悦び、日夜語つゞけて、其弟桃翠など云が、朝夕勤とぶらひ、自の家にも伴ひて、親属の方にもまねかれ、日をふるまゝに、日とひ郊外に逍遙して、犬追物の跡を一見し、那須の篠原をわけて玉藻の前の古墳をとふ。それより八幡宮に詣。与一扇の的を射し時、「別しては我国氏神正八まん」とちかひしも此神社にて侍と聞ば、感應殊しきりに覚えらる。暮れば桃翠宅に帰る。
 修験光明寺と云有。そこにまねかれて行者堂を拝す。

  
夏山に足駄を拝む首途哉

 当国雲岸寺のおくに佛頂和尚山居跡あり。

  竪横の五尺にたらぬ草の庵
   むすぶもくやし雨なかりせば

と、松の炭して岩に書付侍りと、いつぞや聞え給ふ。其跡みんと雲岸寺に杖を曳ば、人々すゝんで共にいざなひ、若き人おほく道のほど打さはぎて、おぼえず彼梺に到る。山はおくあるけしきにて、谷道遥に、松杉黒く、苔したゞりて、卯月の天今猶寒し。十景尽る所、橋をわたつて山門に入。

 さて、かの跡はいづくのほどにやと、後の山によぢのぼれば、石上の小庵岩窟にむすびかけたり。妙禅師の死関、法雲法師の石室をみるがごとし。

  
木啄も庵はやぶらず夏木立

と、とりあへぬ一句を柱に残侍し。
 
 那須野を行く芭蕉と曾良のプロンズ像。

 
 芭蕉が2週間滞在した鹿子畑
翠桃(本文で
  は桃翠
)の屋敷跡。今は墓所のみ残る。
      

修験光明寺跡には、安部能成の筆に
よる「夏山に」の句碑が建っている。

雲巌寺(本文では雲岸寺)。
橋、石段、山門へと続く。

山門から本堂を見る。
    

[芭蕉が見た風景][次へ]