芭蕉が見た風景 日光   1689年4月1日
 (新暦5月19日)
2002.9.20取材
CAMEDIA E-100RS
   
 卅日、日光山の梺に泊る。あるじの云けるやう、「我名を佛五左衛門と云。萬正 直を旨とする故に、人かくは申侍まゝ、一夜の草の枕も打解て、休み給へ」と云。 いかなる佛の濁世塵土に示現して、かゝる桑門の乞食巡禮ごときの人をたすけ 給ふにやと、あるじのなす事に心をとゞめてみるに、唯無知無分別にして、正直偏固の者也。剛毅木訥の仁に近きたぐひ、気稟の清質尤尊ぶべし。


 卯月朔日、御山に詣拝す。往昔此御山を二荒山と書しを、空海大師開基の時、日光と改給ふ。千歳未来をさとり給ふにや。今此御光一天にかゝやきて、恩沢八荒にあふれ、四民安堵の栖穏なり。猶憚多くて筆をさし置ぬ。

  
あらたうと青葉若葉の日の光

黒髪山は霞かゝりて、雪いまだ白し。

  
剃捨て黒髪山に衣更 曽良

 廿余丁山を登つて瀧有。岩洞の頂より飛流して百尺、千岩の碧潭に落たり。岩窟に身をひそめ入て瀧の裏よりみれば、うらみの瀧と申伝え侍る也。

  暫時は瀧に籠るや夏の初

 
  素木造りの神厩舎の長押(なげし)に刻まれた三猿。


芭蕉が東照宮で最初にたずね
たのが養源院。今は石垣のみ。


含満ヶ淵は大谷川にあり、川に向か
ってたくさんの地蔵が並んでいる。


裏見の滝は山深いところに
ある。滝の裏へは立入禁止。

[芭蕉が見た風景][次へ]