芭蕉が見た風景 大津 2002.5.22取材
CAMEDIA E-100RS

ootu-gityuji-kuhi.jpg (198714 バイト)
義仲寺境内の入口付近に立つ句碑。
行春をあふミの人とおしみける
    

奥の細道の旅から帰ってきた芭蕉は、元禄2年(1689)12月から元禄4年9月まで大津に滞在して、ここから京都などへ出かけた。大津滞在中の宿が、膳所の義仲寺無名庵、国分山の幻住庵であった。

義仲寺は、寿永3年(1184)1月、この地で討ち死にした木曾義仲の墓所がある寺で、元禄7年(1694)10月に大阪で客死した芭蕉もここに埋葬されている。


幻住庵では、「石山の奥、岩間のうしろに山あり、国分山という」という書き出しではじまる『幻住庵の記』(『猿蓑』に掲載)を残している。

 
ootu-genjyuan-kuhi.jpg (130385 バイト)
 幻住庵跡付近の椎の木の根元に立つ句碑。
 
先づ頼む椎の木もあり夏木立
   
ootu-gityuji-omote.jpg (84303 バイト)
色々な石標が立っている義仲寺。
ootu-gityuji-haka.jpg (68475 バイト)
義仲寺境内の芭蕉翁墓碑。
ootu-genjyuan-ato.jpg (55170 バイト)
幻住庵跡。
ootu-genjyuan-iori.jpg (60265 バイト)
復元された幻住庵。

[芭蕉が見た風景][次へ]