芭蕉が見た風景 更科紀行  


芭蕉が更科紀行の旅に出たのは、元禄元年(1688)、45歳のときであった。美濃から木曽路を東へ、木曽の桟(かけはし)や寝覚の床などを経て、そして姨捨から善光寺へ至っている。姨捨への思いは、奥の細道へ通じるものがある。

  更科の里、おばすて山の月見んこと、しきりにすすむる秋風の心に吹きさはぎて、ともに風雲の情をくるはすもの又ひとり、越人と云。木曽路は山深く道さがしく、旅寝の力も心もとなしと、荷兮子(かけいし)が奴僕をしておくらす。をのをの心ざし尽すといへども、駅旅の事心得ぬさまにて、共におぼつかなく、ものごとのしどろにあとさきなるも、中中にをかしき事のみ多し。

 何々といふ所にて、六十計(ばかり)の道心の僧、おもしろげもをかしげもあらず、ただむつむつとしたるが、腰たわむまで物おひ、息はせはしく、足はきざむやうにあゆみ来たれるを、ともなひけるひとのあはれがりて、をのをの肩にかけたるもの共、かの僧のおひねものとひとつにからみて、馬に付て、我をその上にのす。高山奇峰、頭の上におほひ重なりて、左は大河ながれ、岸下の千尋のおもひをなし、尺地(せきち)もたいらかならざれば、鞍のうへ静かならず。ただあやうき煩ひのみやむ時なし。

 桟(かけ)はし・寝覚など過て、猿がばゞ・たち峠などは四十八曲りとかや。九折(つづらをり)重りて、雲路にたどる心地せらる。歩行(かち)より行くものさへ、眼くるめき、たましゐしぼみて、足さだまらざりけるに、かのつれたる奴僕、いともおそるるけしき見えず、馬のうへにて只ねぶりにねぶりて、落ちぬべき事あまたたびなりけるを、あとより見あげて、あやうき事かぎりなし。仏の御心に衆生のうき世を見給ふもかかる事にやと、無常迅速のいそがはしさも、我身にかへり見られて、あはの鳴門は波風もなかりけり。

 夜は草の枕を求て、昼のうち思ひまうけたるけしき、むすび捨てたる発句など、矢立取出て、灯のもとにめをとぢ、頭たたきてうめき伏せば、かの道心の坊、旅懐の心うくて物おもひするにやと推量し、我をなぐさめんとす。わかきとき拝みめぐりたる地、あみだのたふとき、数をつくし、をのがあやしとおもひし事共話しつづくるぞ、風情のさはりとなりて、何を云出る事もせず。とてもまぎれたる月影の、かべの破れより木間がくれにさし入て、引板の音、しかおふ声、所々にきこえける。まことにかなしき秋の心、ここに尽せり。「いでや、月のあるじに酒ふるまはん」といへば、さかずき持出たり。よのつねに一めぐりもおほきに見えて、ふつつかなる蒔絵をしたり。都の人はかかるものは風情なしとて、手にもふれざりけるに、おもひもかけぬ興に入て、碧碗玉卮(せいわんぎょくし)の心地せらるも所がらなり

あの中に蒔絵書きたし宿の月

(かけはし)やのちをからむつたかづら      
 

上松町の木曽の桟近くにある橋を渡った右手の岩の上と正面の2か所に句碑がある。


句碑付近から少しへ下るとかつての木曽の桟が見える。
ここは木曽路の難所で、川に沿って木の桟道があったが、のちに石垣で造成されたが、その石積みが残っている。
2010/11/6 K-7

や先いいづ駒む

霧晴れて桟はめもふさがれず  越人

 姨捨山

俤(おもかげ)や姨ひとりなく月の友      
 
千曲市姥捨の長楽寺観音堂前に芭蕉翁面影塚という石碑があり、
その側面にこの句が刻まれている。


観音堂のそばでは、うさぎが草をついばんでいた。



 

いさよひもまださらしなの郡哉

さらしなや三よさの月見雲もなし  越人

ひよろひよろと尚露けしやおみなえし

身にしみて大根からし秋の風

木曽のと浮世の人の土産哉

送られつ別れつ果
は木曽の秋

塩尻市楢川市所前の大木の下にある。
表面に芭蕉翁、側面に句が刻まれている。


 善光寺

月影や四門四宗も只一つ

吹きとばす石はあさまの野分哉

芭蕉100年忌の寛政5年(1793)建立の信濃追分宿浅間神社の句碑。
堂々とした大きな句碑だった。

[芭蕉が見た風景]