芭蕉が見た風景 千住・草加   1689年3月27日
 (新暦5月16日)
2002.9.23取材
CAMEDIA E-100RS
   
 千じゆと云所にて船をあがれば、前途三千里のおもひ胸にふさがりて、幻のちまたに離別の泪をそゝぐ。

  行春や鳥啼魚の目は泪

 是を矢立の初として、行道なをすゝまず。人々は途中に立ならびて、後かげのみゆる迄はと見送なるべし。


 ことし元禄二とせにや、奥羽長途の行脚只かりそめに思ひたちて、呉天に白髪の恨を重ぬといへ共、耳にふれていまだめに見ぬさかひ、若生て帰らばと、定なき頼の末をかけ、其日漸早加と云宿にたどり着にけり。痩骨の肩にかゝれる物、先くるしむ。只身すがらにと出立侍を、帋子一衣は夜の防ぎ、ゆかた・雨具・墨筆のたぐひ、あるはさりがたき餞などしたるは、さすがに打捨がたくて、路次の煩となれるこそわりなけれ。

千住や草加は、今では大都会の雑踏の中にある。しかし、大通りから少しはずれれば、芭蕉をしのぶにふさわしい空間が残っている。草加松原を歩いていると、ここでは芭蕉がまだ生きているようで、うれしかった。
  senjyusoka-oohasi.jpg (99387 バイト)
 芭蕉が隅田川を上って
 上陸したのが千住大橋
 付近
senjyusoka-sokabungakuhi.jpg (178392 バイト)
日本の道百選・日光街道草加松原に立つ松尾芭蕉文学碑。ことし元禄二とせにやの一節が。

senjyusoka-susanoo-kuhi.jpg (99838 バイト)
千住大橋南のすさのお神社境内
の句碑、文政3年(1820)建立。

senjyusoka-hyakutaibasi.jpg (139851 バイト)
車道をまたいで作られたアーチ型の百代橋。
草加松原の北端に近い所に架かっている。

senjyusoka-zou.jpg (99241 バイト)
松原の南端札場河岸公園
に建つ芭蕉像。

[芭蕉が見た風景][次へ]