芭蕉が見た風景 立石寺 1689年5月27日
(陽暦7月13日)
2001.5.30 2004.4.27
CAMEDIA E-100RS
   

 尾花澤にて清風と云者を尋ぬ。かれは富るものなれども、志いやしからず。都にも折々かよひて、
さすがに旅の情をも知たれば、日比とゞめて長途のいたはり、さまぐにもてなし侍る。

  涼しさを我宿にしてねまる也

  這出よかひやが下のひきの聲

  まゆはきを俤にして紅粉の花

  蠶飼する人は古代のすがた哉  曾良



芭蕉が滞在した清風宅跡。


芭蕉が7泊した養泉寺


本堂前の「涼しさを」句碑。
    
山寺街道への分岐点にたっている「まゆはき」の句碑。
2012/10/5



 山形領に立石寺と云山寺あり。慈覚大師の開基にし
て、殊清閑の地也。一見すべきよし、人々のすゝむる
に依て、尾花沢よりとつて返し、其間七里ばかり也。
日いまだ暮ず。梺の坊に宿かり置て、山上の堂にのぼ
る。岩に巖を重て山とし、松柏年旧土石老て苔滑に、
岩上の院々扉を閉て物の音きこえず。岸をめぐり岩を
這て仏閣を拝し、佳景寂寞として心すみ行のみおぼゆ


      閑さや岩にしみ入蝉の声


yamadera-nioumon.jpg (119213 バイト)
奥の院への石段を登り弥陀洞をすぎると仁王門が
見える。


yamadera-noukyoudou.jpg (102100 バイト)
五大堂への石段から、岩の上の納経堂を見上げる。
       

尾花沢に10日間滞在した芭蕉は、清風らのすすめ
によって立石寺に向かった。やや気まぐれに立ち寄
った寺で、あの名句が生まれた。

その日の内に山を上り、宿坊に1泊して、翌日、最
上川の船着場をめざした。


yamadera-godaidou.jpg (116283 バイト)
五大堂から見る地形は、芭蕉の時代と余り変
わっていないのではないだろうか。


yamadera-kuhi.jpg (113904 バイト)
根本中堂横の「閑さや」句碑、1858年建立。

芭蕉(手前)と曽良の像。真ん中に「閑さや」の句碑。2012/10/5  関連ページ 古寺巡礼/立石寺

[芭蕉が見た風景][次へ]