菩薩のほほえみ

 山陰本線の飯井で、鉄道を見下ろせ背景に海が入るところを探し
 ているときに、畑の中でこの如意輪観音に出会った。18世紀末
 の寛政年間の銘があるから、200年以上前に造られたものであ
 る。ということは、当時からここに人が住んでいたことになる。

 飯井駅のすぐ西側に川があり、その上に鉄橋が架っているが、こ
 の川が三隅町と萩市との境界になっている。古い道標も残ってい
 て、三隅と萩への道標であることが読み取れる。

飯井(いい)の如意輪観音

山口県萩市 2002.4.27 CAMEDIA E-100RS


iikannon.jpg (185274 バイト)

iikannon-dohyo.jpg (140058 バイト)
半分うずもれているが、
「左みすみ、右はぎ」と刻まれているのだろう。