菩薩のほほえみ

神上寺じんじょうじの地蔵

山口県豊田町 2002.1.11 CAMEDIA E-100RS


jinjyouji-monzenjizou.jpg (209726 バイト)
参道入口に立つ美しい地蔵。右手に幾
何学模様のようなものが刻まれている。
江戸期の作か?

jinjyouji-aizentubaki.jpg (67045 バイト)
山門前の愛染椿。何か悲恋にま
つわる話でもあるのだろうか。

jinjyouji-jizou.jpg (59258 バイト)
参道の両側にはこのような地
蔵がたくさん並んでいる。

jinjyouji-tyozubati.jpg (61263 バイト)
本堂前の花が置かれた手水鉢。

jinjyouji-isigaki.jpg (55908 バイト)
雪舟作と伝えられる庭の石垣。

県立自然公園・華山の二合目にある真言宗の古刹で、本堂は20年くらい前に火災のため再建されたが、寺に至る参道は苔むしており趣がある。寺の本尊は愛染明王、毛利藩主の保護寺であり、境内には雪舟の庭があり、昔から西の高野山と呼ばれている。約1300年前に、九州の彦山に修行した役小角が来て、この地の徳仙上人と力を合せて開山したと伝えられる。平安の頃、藤原純友の乱に当山で平定御祈願が修せられ、以来日にまし繁栄し末寺末院が3千余坊に及んだといわれる。
                  豊田町ホームページより引用