菩薩のほほえみ
2003

耳納の馬頭観音  福岡県田主丸町 2003/7/27 CAMEDIA


 
 高良山近くの夏目漱石句碑。
 
筑後路や丸い山吹く春の風

 漱石は、明治30年3月、
 御井町から高良山、発心山
 を経て草野町へと歩いた。
 「漱石の道」には、6ヶ所
 に句碑が建っている。
   

 
 耳納連山を貫く「耳納スカイライン」を一度走ってみたいと思って
 いた。標高312mの高良山付近から、標高802mの鷹取山まで
 約500m登り、急坂を田主丸へ下った。その坂道の途中で、草む
 らに白く浮かぶ馬頭観音に出会った。  


[菩薩のほほえみ][次へ]