文学散歩

石川啄木を歩く/盛岡

 

●盛岡駅
06.5.19 盛岡は、明治28年に盛岡高等小学校に入学し、明治39年に渋民小学校の代用教員として赴任するまでの
        11年間を過ごした場所である。

盛岡駅の「もりおか」の文字は啄木の筆跡を使っている。

駅前の広場には横長の大きな歌碑がある。
啄木の50回忌を記念して昭和37年(1962)に建てられた。

ふるさとの山に向ひて
言ふことなし
ふるさとの山はありがたきかな




   
   
●下の橋中学校 06.5.19 かつての盛岡高等小学校。
   

校門から構内を見る。校門を入った右手に歌碑がある。
その昔小学校の柾まさ屋根に 我が投げし鞠 いかになりけん

校門前にある啄木・牧水友情の碑。
啄木が晩年最も心を許したのが若山牧水だった。
   
●盛岡中学校跡 06.5.19 岩手銀行本店ビルとなりにある。
   

中学校跡にたつ歌碑。
盛岡の中学校の 露台バルコン
欄干てすりに最一度我を倚らしめ

すぐ近くにある石割桜。
   
●不来方こずかた城址 06.5.19 啄木は中学校を抜け出して、この城址へよくやって来たらしい。中学校から城址まで約200m、
                  かつては城址から岩手山が見えたとのこと。現在は岩手公園となっている。
   

金田一京助の書による歌碑。
不来方のお城の草に寝ころびて 空に吸はれし 十五の心


兜岩。啄木も目にしたことだろう。
   
●天満宮 06.5.19 盛岡市中心部から北東の丘にある。啄木はよくこのあたりを散策したという。
   

天満宮の境内には阿吽の狛犬がある。啄木が石馬と呼んだ狛犬の台座には、啄木の歌が刻まれている。
   
 

阿形の狛犬。
夏木立中の社の石馬も 汗する日なり
君をゆめみん

吽形の狛犬。
松の風夜昼ひびきぬ 人訪はぬ山の祠の
石馬の耳に

昭和8年の歌碑。
病のごと 思郷のこころ湧く日なり
目にあをぞらの煙かなしも
   
●啄木新婚の家 06.5.19 啄木は19歳で結婚するが、新婚当時9か月ほど住んでいた家が残っている。もとは茅葺きだった。
   

啄木夫婦は、正面玄関ではなく、
右手裏の入口から出入りしたという。
   
●啄木望郷の丘 06.5.19 盛岡市街地の東方に岩山公園があり、展望台の右手に、歌碑と銅像から成る「啄木望郷の丘」がある。
   
啄木と妻節子の夫婦歌碑。文字は啄木直筆と集字による。
ここからは、晴れていれば正面に岩手山が見える。

汽車の窓 はるかに北に故郷の 山見えくれば襟を正すも  石川啄木
光淡く こほろぎ啼きし夕より 秋の入り来とこの胸抱きぬ 
石川節子

「啄木詩の道」には点々と歌碑がある。