文学散歩

石川啄木を歩く

天才歌人石川啄木が生まれ住んだ北の町をたずねることは長い間の念願だった。

   石川啄木略歴
  • 明治19年(1886年)2月20日 岩手郡日戸村(ひのとむら、現玉山村日戸)の常光寺で生まれる。父一禎は住職。
                  一(はじめ)と命名。
  • 明治20年(1887年)  1歳   父の転住により、渋民村の宝徳寺に移る。
  • 明治24年(1891年)  5歳   岩手郡渋民尋常小学校(現渋民小学校)に入学。
  • 明治28年(1895年)  9歳   尋常小学校卒業。盛岡市立高等小学校(現下の橋中学校)に入学。金田一京助を知る。
  • 明治31年(1898年)  12歳   県立盛岡中学校(現盛岡第一高等学校)に入学。
                               同中で教師大井蒼梧、先輩野村長一・金田一京助らの影響を受け、文学への傾斜を深める。
  • 明治32年(1899年) 13歳   堀合節子と知り合う。
  • 明治35年(1902年) 16歳   同中学を退学。試験でカンニングをしたことが原因といわれる。
                               11月に上京、与謝野鉄幹を訪ねる。
  • 明治36年(1903年) 17歳   2月、病により帰郷。
  • 明治37年(1904年) 18歳   「明星」や「時代思潮」の誌面を飾り、新進詩人として注目を集める。
                               10月、処女詩集「あこがれ」刊行のため上京。
  • 明治38年(1905年) 19歳   5月、詩集「あこがれ」刊行。堀合節子と結婚。9月、雑誌「小天地」を発行。
  • 明治39年(1906年) 20歳   4月、母校渋民小学校の代用教員となる。12月、長女京子誕生。
  • 明治40年(1907年) 21歳   5月、一家離散。妹光子を伴い函館へ。
  • 明治41年(1908年) 22歳   札幌、小樽、釧路と新聞記者生活を続け、4月、海路単身上京。
  • 明治42年(1909年) 23歳   妻子と母を東京へ迎える。
  • 明治43年(1910年) 24歳   10月、長男真一誕生。12月、歌集「一握の砂」刊行。
  • 明治44年(1911年) 25歳   2月、慢性腹膜炎で入院、次第に衰弱。
  • 明治45年(1912年) 26歳   4月13日、肺結核のため永眠。6月、次女房江誕生、歌集「悲しき玩具」刊行。

   


文学散歩