中秋の富士山

富士山が世界遺産に登録されてからはじめての訪問だった。
例年であれば冠雪している時期であるが、冠雪はなく、しかももやっていた。
2014/10/10 EOS 5D/24-105  EOS 7D/28-135

■三保の松原(世界遺産) 11時頃
 世界遺産登録前に比べると駐車場が拡幅されていた。松林の中では、翌日に開催される「三保羽衣薪能」の会場準備が進んでいた。


世界遺産登録の際に景観を損なっているとして問題となったテトラポットはそのままだった。
テトラポットに当たって飛び散る波しぶきを入れて撮影してみた。

■田貫湖 14時半頃
 湖全体を俯瞰できるところから撮影したかったのであるが、曇っていたので仕方なく水辺から撮影。



■本栖湖(世界遺産) 15時半頃
 千円札の裏側に描かれている富士山が撮影された湖。




広角に撮るとこんな感じ。


洗面所の窓越しに見る。

■精進湖(世界遺産) 16時頃
 天気が悪かったせいか、とても撮りにくい湖だった。


 
昭和7年(1932)秋、精進湖畔に宿泊した与謝野晶子は歌を詠んでいる。秋の雨 精進の船の 上を打ち 富士ほのぼのと 浮かぶ空かな
与謝野晶子がおとずれた日は雨だったようで、「富士ほのぼのと浮かぶ」と詠んでいるから、同じような感じの富士山を見たのであろう。