入間いるま花田植え

島根県雲南市掛合町入間の花田植えは、毎年5月最終日曜日に開催される。12時25分頃、花田植えの一行は入間交流センターを出発し長栄寺前の水田に向かう。神事などの後、13時20分に田植えが始まり、13時45分に終わった。
2018/5/27 EOS 7DU/18-135




入間交流センター(旧入間小学校)を出発する。囃子古(はやしこ)の笛や太鼓がにぎやか。


早乙女が道路を行進する。うつむきがちに歩くひと、隣の人と談笑しているひと、知り合いがいるのかこちらへ笑いかけるひと、表情は様々。


囃子古の衣装はカラフルで美しい。太鼓をたたくのは髭の外国人。




花田植えはこんな風景の中で行われる。右奥が長栄寺。


田んぼの半分が植え終わったところで、残りを両側から植えていく。一番手前は植え残して花田植えは終わった。

 


花田植えのマドンナたち。

入間の花田植えは初めてだったので、位置取りが不十分でしゃきっとした写真が撮れなかった。
入間は遠いので簡単には行けないが、気力・体力があればまた行ってみたいと思っている。