旅する蝶2018秋

2018年秋は大分県のアサギマダラ飛来地2か所をたずねた。アサギマダラは20度くらいの気温を好むという。
気温が高い状態が続いていて、飛来が遅れているようだった。
  
■大分県姫島村・県道686号線沿い 2018/10/9  EOS 7DU/18-135‣70-200 11時頃 関連サイト姫島アサギマダラ情報
姫島港から姫島灯台付近まで続く県道686号線を東へ。途中、春の飛来地へ行く道との分岐点があり、右へ坂道を登った先に飛来地がある。
県道沿いで、「アサギマダラ飛来中」の幟が立っているのですぐに分かる。
飛来数は約70頭で、撮影するには十分な数だった。


伊美港の「アサギマダラ飛来中」の幟。


県道686、春の飛来地へ行く道との分岐点。秋の飛来地は右へ。



   








■大分県日出町豊岡法花寺(ほけじ)運動公園とその付近
2018/10/9  EOS 7DU/18-135‣70-200 15時頃
国道10号線から日出バイパスの南側を通る町道を西へ、山田湧水入口を通り過ぎ1kmほど進むと、アサギマダラの標識がある。
右折して日出バイパスをくぐったすぐ先に、法花寺運動公園の駐車場がある。運動公園を中心に道路沿いのあちこちにフジバカマが植えられている。
お会いした近所のご主人によれば、今年は遅れていて飛来数はまだ10頭くらい、とのことだった。








デジカメ散歩|次へ|