旅する蝶2019秋

今まで訪ねたことのないアサギマダラの飛来地に行ってみたいと思いネットで調べてみると、
意外にも近場に飛来地があった。
  
■福岡県苅田町・等覚寺(とかくじ) 2019/10/15  EOS 7DU/18-200


等覚寺集落の標高は約300m、西側は平尾台山系の山を背にしている。したがって、東側のみ視界が開けている。
近くにフジバカマとソバの畑、遠くに苅田町の家並み、そしてすっきり晴れていれば豊前海が見える。左手の山は標高416mの高城(たかじょう)山。


フジバカマが植えられているのは、「天空テラス」の前の道路沿い。

等覚寺へ行くには県道64号線の、西側の谷集落から登るルートと東側の山口集落から登るルートがある。
県道から3kmくらいでどちらも道は狭いが、谷集落からの道の方が少し道が広くて走りやすかった。

10月14日付等覚寺便りがアサギマダラの飛来数を約40頭と伝えていた。
10月15日、筆者は山口集落から登り、アサギマダラを撮り、等覚寺特産グループの店で松会漬を買って、谷集落へ降りた。




この日は風が強く、花に止まってじっとしてくれないので、撮りずらかった。
そこで、花に止まろうとする瞬間を撮ってみた。ピントを合わせるのが難しい。うしろはソバの白い花。


道をはさんでヒマワリが満開だった。
この日は、望遠レンズは300ミリ相当しか持って行かなかったが、600ミリ相当のレンズでクローズアップするともっときれいな絵になったかも知れない。


羽根に穴が開いているアサギマダラを見かけた。飛行効率が悪くなると思うが、無事に目的地へたどり着けるだろうか。


壁紙 1200×800


■福岡県 北九州市・山田緑地 2019/10/17  EOS 7DU/18-200

山田緑地のフジバカマの畑にアサギマダラが飛来するという情報を得て出かけた。
入口から200mほど入った野草広場に小さな畑があった。道路側のフジバカマはほとんど枯れていた。
アサギマダラが一頭止まっていた。カメラを向けシャッターを押した直後に、森の中へ飛び去って戻って来なかった。


山田緑地で撮れたのはこの一枚のみだった。

■福岡県 北九州市・総合農事センター 2019/10/17  EOS 7DU/18-200

農事センターへは2017年にも来ている。その時は白いフジバカマが中心だったが、2019年は紫のフジバカマが中心だった。
植えられている場所も違っていて、メタセコイアの木に近い所に花壇が設けられていた。










デジカメ散歩|次へ|