東脊振村霊仙寺跡

1191年、臨済宗の開祖栄西が日本で始めて茶を栽培したと伝えられる所で、東脊振村から福岡市へぬける国道385号線の坂本峠手前の参道入口から徒歩約15分。  05/5/20 PENTAX*istD/18-35


今も栽培されている茶畑。
 


乙護法堂は村指定文化財。
 

乙護法堂裏の椎の古木。この他にも椎の古木が数本ある。

湧水源にある梵字が刻まれた「霊水石」