九重の紅葉2010

猛暑の影響で紅葉の時期や鮮やかさに影響が出るのではないかと心配されていたが、時期はやや遅れているものの、紅葉の鮮やかさは例年通りという情報に、10月17日、18日に出かけた。紅葉の盛りには至っていな い場所があったが、十分に九重の紅葉を満喫できた。 PENTAX K10D
   
●星生(ほっしょう)山麓 2010/10/17
牧の戸峠に着いたのは13時を少しすぎていた。途中の県道沿いには紅葉登山の車がたくさん駐車していた。
牧の戸峠の駐車場もほぼいっぱいだったが、この時間帯には下山してくる人も多く、駐車場には空きがあった。
ここからから星生山麓の扇ヶ鼻取付点までは沓掛山を経由して約1時間、星生山や肥前ヶ城の西斜面の紅葉がよく見える。


沓掛山をすぎると登山道の尾根道の紅葉のむこうに三俣山が見えてくる。

 
左は登山道わきのモミジ、右は星生山麓のドウダンツツジ。紅葉の代表はモミジであるが、九重の秋を演出しているドウダンツツジ。


実に美しい星生山山腹の紅葉。


肥前ヶ城岩壁。


扇ヶ鼻西麓。
  
●大船(だいせん)山麓 2010/10/18
長者原で車中泊し、翌朝、大船林道の吉部登山口へ向かった。
登山口近くに駐車して6時20分登山開始、暮雨の滝に立ち寄って、坊がつるで小休止し、大船山頂へは10時50分に到着。
所要時間4時間30分。コースタイムは3時間30分なので、休憩や撮影に1時間要したことになる。
大船山頂直下にある御池の美しい紅葉を満喫して11時40分に下山開始。
坊がつるで靴と靴下を脱いで30分休憩し、大船林道を通り、途中から脇道に入って15時30分に帰着。所要時間3時間50分。
登山開始から終了まで9時間10分。


段原から大船山への途中の展望。右に大船山西麓の紅葉、左に三俣山、その下に坊がつる。


大船山頂から北へ段原を見る。紅葉の最盛期までもう少しか。
  

山頂から南の紅葉はもう少し。

山頂東直下の御池の紅葉は最盛期をむかえていた。


山頂から御池へ下る途中から見た御池の紅葉。壁紙1024×768


御池をやや西側から撮る。撮影したのは11時少し前、この時間帯だと陰影が強い。
これはこれでいいのだが、13時くらいであれば明るい紅葉が撮れるだろう。



御池の水際から。まるで日本庭園のようだ。もう少し水量が多く空が青い時に撮りたかった。
  

帰り際、大船山頂を振り返る。

坊がつるのすすき野原から大船山頂を見る。