すずはりひがしたに
鈴張東谷大花田植

広島市安佐北区の国道261号線を北東へ、北広島町に接して安佐町大字鈴張がある。
両側に棚田の石垣が見え、峠への上りにさしかかるあたりが東谷で、花田植えの幟が立ち並んでいた。
2011/5/22 K10D/16-45,EOS 7D/18-200

花田植えは午後1時から開催となっていたが、神事や来賓あいさつが約30分、飾り牛による代掻きが約30分で、田植えがはじまったのは2時をすぎていた。小さな田んぼなので田植えは40分ほどで終わった。見物客の数は田んぼのまわりをちょうど1周するくらいだった。
  

4頭の飾り牛による代掻き。うしろには棚田の石垣が見えている。
  

大人の大太鼓と小学生の小太鼓が待機する。

早乙女も、指揮者であるサンバイさんの合図を待つ。


はやしに合わせて田植えが進行する。


一番手前に小学生の太鼓、そのむこうに大人の太鼓、そして早乙女。その間を飾り牛が歩きまわる。
  

少し横から見る。田植えが半分くらい終わっている。

田植えはほぼ終わり。