朝倉の揚水車

福岡県朝倉市の堀川用水には揚水のための水車が3基ある。江戸時代初期、筑後川に山田堰を造り、岩盤をくりぬいて堀川に水を通したが、菱野付近は土地が高いため約200年前に水車が設置された。菱野に3連水車が1基、三島と久重に2連水車がそれぞれ1基稼働してい て、35ヘクタールの水田をうるおしている。 2011/7/27  K20D/16-45
■菱野の3連水車

耳納連山を背景にした水車のある風景はとてもおだやかで美しい。蒸気機関車の動輪のようにも見え、まさに田んぼのSLである。
  

  



 

■三島の2連水車
 


■久重の2連水車


 
水車は稲の作付期間の6月中旬〜10月初旬だけ見ることができる。