南串山の棚畑

長崎県の島原半島はじゃがいもの栽培が盛んな所である。場所によって少し時期がずれるが、雲仙市南串山町では
12〜2月に植え付けされ、5〜6月に収穫される。おとずれたときは収穫が終わってあとで、赤い土が露出していた。
2011/8/7
  K20D/K-7
  
雲仙市の観光情報には南串山町棚畑撮影スポット情報が掲載されている。
北上する国道251号線と南下する広域農道「雲仙グリーンロード」との間に棚畑がある。

    

広域農道から。背後に野母崎半島が見える。
ここから少し南下すると国道251号へ通じる道が分岐していて、その角に神社があり社殿の後ろに真新しい展望台がある。
    
棚畑展望台の標識にしたがって進むと、右手の溜水八幡宮の前に
「長崎県のだんだん畑十選」認定の地の案内板があり、奥に駐車ス
ペースがあった。

鳥居の左手の遊歩道を進むと展望台がある。
 
  

棚畑展望台から。

国崎半島という小さな半島全体がじゃがいも畑。

棚畑展望台から国道251号方向へ少し下ると大谷大橋。ここからは少し違ったアングルの棚畑が見える。