五木村で見た風景

あさぎり町で遠山桜の撮影を終えたのが午後3時、日暮れまでには時間があったので、国道445号線を通
って帰ることにした。ここを走るのは11年ぶり、相変わらず道は狭かった。 2012/4/18 K10D
 

国道445号線を北へ向かっていると風情のある発電所が見えた。JNC川辺川第2発電所である。
15年くらい前の地図には九電川辺川発電所となっているので、その後、JNCに移管されたものであろう。
放水路をまたいで石造りのアーチ橋があり、発電所の中を通った水が正面のアーチ状の水門から流れ出している。
 

国道445号線から西へ向かう道の途中からかつての五木村の中心部を見る。
正面から五木川が流れ、左から小川が合流するあたり。合流した川は川辺川と名前を変え、南下して球磨川となる。
五木川のすぐ右手、橋を渡る手前に五木村役場や五木東小学校があったが、今は何もなくなっている。
11年前ここをたずねたときに、川辺川ダムの必要性をPRする施設があり、係員から説明を受けたがよく理解できなかった。
ダム建設は中止。川沿いは高台への移転によって空き地となり、高い道路橋がまだ建設途中にある。
 

五木川にかかる橋。今は通る人も少ない。


五木村中心部の北で国道445号線は西岸を通る道が新設されていた。
新道から見下ろすと、かつて東岸を通っていた国道445号線と対岸
を結ぶ吊り橋が見えた。

宮園は五木村の中心部から7kmほど北。ダム建設の影響を受けなかった地区で昔ながらの集落が残っている。大イチョウも健在。