大土山田楽大花田植

広島県安芸高田市甲田町のJR芸備線吉田口駅付近、小原コミュニティ広場横の田んぼで、6月第1日曜日に開催される。 2013/6/2 EOS 5D/24-105  EOS 7D/18-200



12時40分頃に飾り牛が入場し代掻きがはじまる。
13時に田楽団と早乙女が入場し、開会のセレモニーが10分ほどある。長い来賓挨拶などもなくさらりと終わった。
13時15分頃から苗取りが始まり、花田植えが進行して、14時10分頃に田植えだ終わった。
14時15分頃に近くの川で足を洗い、記念撮影を行って、花田植えが終了した。

ユネスコ無形文化遺産に登録された壬生の花田植と同日開催であるが、田んぼのまわりは見物客やカメラマンでにぎわっていた。
 

2頭の飾り牛による代掻き。

田楽団と早乙女の入場。


苗の束を小分けする苗取りがはじまる。田楽団が笛・太鼓を鳴らす。うしろでは飾り牛の代掻きが再びはじまる。
   

早乙女による田植えが始まる。

中学生から60歳代の女性30人ほどが参加。


別アングルの壁紙は→こちら
    

小学生の太鼓。中学生になったら田んぼに入れるのだろうか。

田植え唄の歌い手。


泥で汚れた足を洗うため近くの川へ。
  

脚絆を脱いで泥を落としきれいになった。

全員で記念写真。