次第に姿を消してゆく木造駅舎

木造駅舎への招待

 
eki-mojiko.jpg (85566 バイト)  寺を中心に門前町が形成されるように、駅を起点として町が形成され、鉄道を媒介と
して町と町とが結ばれ地域社会が形成されてきた。

 しかし、車社会の到来によってバス路線が拡大しマイカーが増加するにつれ、特に地
方においては、鉄道の存在価値が低下して廃線に追い込まれた。生き残った路線では、
駅の無人化が進み、駅舎は荒れて行った。

 木造の駅舎にはぬくもりがある。特に明治から昭和初期にかけて建造されたものはデ
ザインがすぐれており、町のランドマークとしての役割を果していて、人々の生活の中
に溶け込んでいる。

 駅舎に潤いがあれば町が潤い、駅から始まる町の印象も変わってくる。駅舎は、その
町を映す鏡である。

 木造建築は、石や煉瓦に比べて災害に弱く老朽化が早く進む。それを食い止めるため
には多額の費用がかかる。明治・大正期の木造駅舎は、次第にその姿を消しつつある。


  参考サイト
全国の木造駅舎に愛をこめて

←春の宵の門司港駅(JR九州/鹿児島本線・明治42年)

xbotan-maru.gif (934 バイト) 九州の木造駅舎 xbotan-maru.gif (934 バイト) 中国/四国の木造駅舎 xbotan-maru.gif (934 バイト) 近畿/中部の木造駅舎 xbotan-maru.gif (934 バイト) その他地域の木造駅舎
富山地方鉄道の木造駅舎 南海電鉄高野線の木造駅舎 JR桜井線の木造駅舎 上田電鉄別所線の木造駅舎
JR中央西線の木造駅舎 養老鉄道養老線の木造駅舎 JR高山本線の木造駅舎 JR姫新線の木造駅舎
若桜鉄道の木造駅舎 JR三江線の木造駅舎 JR和歌山線の木造駅舎 天竜浜名湖鉄道の木造駅舎

  since 2017/4/18