木造駅舎への招待
姫新線の木造駅舎

JR姫新線は、兵庫県姫路駅と岡山県新見駅を結ぶ路線である。ここでは、新見駅から東へ岡山県内の駅舎を掲載する。
兵庫県内の駅舎は鉄道セレクション/姫新線をご覧いただきたい。

■新見(にいみ)駅
新見駅は鉄道セレクション/伯備線をご覧いただきたい。  

■岩山(いわやま)駅 2016/3/11 K-7


新見市郊外にある駅。


ホームは2面あるが、右端に見えているホームは使われていない。

■久世(くせ)駅 2016/3/11 K-7


真庭市久世地区にある駅。


こちら側に鉄骨だけで壁がない跨線橋。

■美作千代(みまさかせんだい)駅 2016/3/11 K-7


津山市久米地区にある駅。


ホームから見た駅舎。

■津山(つやま)駅 2016/3/11 K-7


姫新線、津山線、因美線の列車が行き交う美作地方の玄関駅。


見通しのよくないホームだが、むこうに朱色の気動車が見えている。


機関車庫から見た津山駅。昔ながらのホームの建屋と跨線橋。2016/11/13 EOS 7D

■東津山(ひがしつやま)駅 2016/3/11 K-7


国道沿いのにぎやかなところにある駅。


2番線から見る。

■勝間田(かつまた)駅 2016/3/11 K-7


中には旅行会社の事務所がある。


昔ながらのトイレがある。

■林野(はやしの)駅 2016/11/15 K-5Us

駅舎左手に「歓迎湯郷温泉」の大きな看板。
温泉客を待っているのか、タクシーが2台。


右手から見ると、まるで民家のようだ。

■美作江見(みまさかえみ)駅 2016/11/15 K-5Us


日没10分前でかなり暗かった。


ホームに昔ながらの待合室がある。

■美作土居(みまさかどい)駅 2016/11/15 K-5Us


ここは県境の駅。となりの上月駅は兵庫県。


日没を迎え駅舎内にも明かりが灯っていた。
 [木造駅舎への招待]