俯瞰撮影の魅力 山陽本線/石山



2008/5/15 EOS-1D/28-135 特急「富士はやぶさ」が通過する頃は逆光。
  

EOS 20D/100-400
<撮影ガイド>

埴生駅から厚狭駅方向へ線路沿いの県道を3kmほど行った下福田の西側に標高248mの石山がある。下からアンテナ塔が見える山で、山頂付近は公園になっていて、県道からの入口に、「石山公園」という標識が出ている。2kmほど登って行くと、広い駐車場があるが、途中の道は狭く離合箇所が少ない。 県道からの高低差約200m、徒歩で30分、車で5分くらいだろうか。

アンテナ塔は2基あり、ひとつは駐車場の先に、もうひとつは駐車場より200mくらい手前にある。この200m手前にあるアンテナ塔から山道を3分ほど下ると岩のある展望台に出る。ここは徒歩での登山道の途中にある展望台のようだ。


この展望台からは、手前にさえぎるものがなくすっきり撮れる。午前中は逆光となるので午後の列車向きであるが、特急「富士はやぶさ」を狙うのであれば曇りの日がよい。

集落の一番上の民家から少し登った辺りであれば、道幅も少し広いので比較的気軽に撮影できる。高度感は低いものの、トンネル出口から続くカーブが見える。参考画像はこちら






 

  
      2009/12/7 EOS 40D/18-200


2012/8/20 EOS 5D/24-105


2017/9/11 EOS 5DV/24-105


[
HOME][俯瞰撮影の魅力]