俯瞰撮影の魅力 呉線/黒滝山

 2011/3/4
  K-7/55-300
   

14:16  光線状態は午後2時を過ぎたあたりからがよい。
忠海駅のすぐ北に標高266mの黒滝山がある。黒滝山は観音磨崖仏の撮影で一度おとずれている。

登山口へは自動車道があって、駅の東西からアプローチできる。車で5分くらいだろうか。駐車スペースは4台ほどである。

登山口から山頂近くにある観音堂までは30分くらい。登山口が標高100mくらいの所にあるので、登山口から観音堂まで俯瞰できるポイントが何か所かある。筆者は三番堂という中間地点にある休憩舎で撮影した。

安岐幸崎からの列車が岬をまわって来る所を撮影できるが、おとずれた日は雲が多くて、安岐幸崎からの列車が来る頃に曇り、安岐幸崎へ向かう列車のときに薄日が差した。

したがって、ここに掲載した写真は追い写しで、「瀬戸内マリンビュー」通過時には上下列車とも曇られてしまった。いつか、快晴の日に再訪したいと思っている。



忠海港から見た黒滝山。
真ん中あたりの山腹に登山口がある。山頂付近には大きな岩が見える。
 


13:14 学校以外は高い建物がなく、なかなかいい感じの風景である。