俯瞰撮影の魅力 紀勢本線/馬越峠

 06/10/16
 *istD/28-105,EOS1D/75-300


   
<撮影ガイド>
タイトルを馬越峠としたが、正確には馬越峠中腹の林道からである。



<徒歩でゆく>

熊野古道に馬越峠を越えるルートがある。海山町の道の駅「海山」から国道42号線を西へ1kmほど行った所に駐車スペースがあり、熊野古道の案内板が立っている。

石畳の山道を35分ほど登ると林道と交差する。直進すれば約10分で馬越峠の頂上に達するが、俯瞰ポイントへは林道交差地点で左折して東へむかう。

15分くらい歩くと右手に滝がある橋を渡り、さらに10分歩く。林道交差地点から約25分で、左手の視界が開け俯瞰ポイントへ到着する。国道の登り口からここまで約60分である。

<車でゆく>

道の駅「海山」から西へ尾鷲方向へ進む。約3kmで尾鷲トンネルに入るが、トンネルの150mくらい手前で右の林道へ入る。この林道を東へ進む。3kmほど進んだ地点で熊野古道と交差し、さらに2km進むと俯瞰ポイントへ達する。ポイントは広場になっていて、車が4、5台置ける。

林道は未舗装で所々に水溜りもあるが、道幅は比較的広い。たずねたのは月曜日だったが、7時から9時の間に林道で出会ったのは、小型トラック2台と軽トラック2台だった。

 関連ページ→旧街道を歩く/馬越峠