俯瞰撮影の魅力 山陰本線/長門海岸

 sanin-ii2.jpg (121504 バイト)               sanin-ohara2.jpg (113695 バイト)
 飯井の杉山から集落を見下ろす。特急「いそかぜ」が通過。   小原海岸が一望できる山から。北長門1号が通過。
 02/4/27 PentaxMZ3/28-70mm                  02/4/27 PentaxMZ3/28-70mm
 
画像をクリックすれば、少し大きな画像が表示されます。

山陰本線の撮影は10年ぶりくらいである。SL時代や客車列車が走っていたころにはよく出かけた。この春、臨時列車の「北長門」に加え、「コバルトブルー」というDE10けん引の展望列車が走るというので、久しぶりに出かけた。

長門三隅、飯井、三見、玉江の海岸沿いの道は相変わらず狭かったが、一部拡幅されていたり、離合場所が設けられたりして、少し走りやすくなっていた。

この区間には大俯瞰できるようなポイントはない。インターネットで知った飯井と小原海岸の俯瞰ポイントは県道から10分以内で行ける。ここでの俯瞰撮影の魅力は、青い海である。

                     小原トンネル近くの石の道標→
                     左は小原へ、右は三見へ
 sanin-ohara-dohyo.jpg (131766 バイト)