俯瞰撮影の魅力 日豊本線/城山

2012/8/16
EOS 7D/18-200  EOS 5D/100-400

日出町中心部から見て北西に城山がある。大友氏が築いたといわれる城砦跡。
山頂には鳥居があり石仏が安置されていて、神仏混淆の名残りが見られる。
大分空港道路と並行している市道から分岐して、標高差約170m・延長約2kmの道が山頂付近まで続いている。
徒歩で40分くらい、車で8分くらいだろうか。山頂の東側からの展望がよい。
山頂への道は狭く、ところどころに石や枯れ枝が転がっている。離合スペースがほとんどなく、大きな車は離合困難と思われる。


13:59  後方右手は佐賀関、精錬所の煙突が見えている。左手は高島。
   

14:18 青いソニックは目立たない。

14:29 白いソニックはよく目立つ。


14:00  みかん山と思われる緑の丘陵の麓を行く。


14:01 日出駅付近を通過する。
  

14:27 直下の住宅団地そばを行く。
午後から曇られ、満足の行く撮影とはならなかった。秋から冬にかけてのよく晴れた日、冷たく澄んだ空気の中でこれらの景色を見てみたい。