明治の学舎建築


gakko-kaiti2.jpg (73364 バイト)
 擬洋風建築、という言葉がある。純粋な洋風建築ではなく、洋風もどきの建築という意味である。西洋の技術を本格的に取りいれた官主導の洋風建築に対して、擬洋風建築は、民間の棟梁が見よう見まねによって建てたものである。

 洋風ではあるが、和風の要素を残したこれらの建築は、主に学舎、役場、邸宅などに見られるが、特に、学舎建築に個性的で華麗なものが多い。そして今でもかなりの数の擬洋風学舎が残っている。もちろん、本格的な洋風の学舎建築も多数残っていて、どの建築もその美しさに魅了される。

 学舎建築巡りはまだ道半ばであり、見てみたい建築がかなり残っているが、わたしが今までに見た学舎建築の中から、好きな建築を選んで紹介してみよう。

        夕陽を受けた旧開智学校
    (96/4/26 長野県松本市/明治9年/国指定)



          xbotan-maru.gif (934 バイト) 九州     xbotan-maru.gif (934 バイト) 中国   xbotan-maru.gif (934 バイト) 四国   xbotan-maru.gif (934 バイト) 近畿

            xbotan-maru.gif (934 バイト) 中部/北陸  xbotan-maru.gif (934 バイト) 関東   xbotan-maru.gif (934 バイト) 東北   xbotan-maru.gif (934 バイト) 北海道



hon-gakusya.jpg (49805 バイト)
中村哲夫
『明治の学舎』

hon-gakusya2.jpg (59177 バイト)
藪野健・三浦朱門
『明治建築の旅明治村』

hon-gakusya3.jpg (47298 バイト)
中村哲夫
『西洋館を訪ねて』

 

  since 2015/4/30