大島大橋と飯の山を撤収し、再度小行司の茅葺民家を写しに行った後、県道141号を岩国方面へ向かっている途中で、この水車小屋を見つけました。おばあちゃんに、「この水車は今でも使われているのですか?」と聞くと「はい!」と言っておられました。
この付近はトタンやブリキで覆った茅葺屋根は沢山有り、狭い道まで入ってみましたが、茅葺のままの民家は見つけられませんでした。
桃太郎さんの言われる「匂いと感、根性と無駄走り」を実感しました。

05.1.29投稿 黄旗組

  

[投稿ギャラリー・作品集INDEX]