廃墟の風景

長生炭鉱跡

宇部炭田の海底炭鉱。
   

宇部炭田は周防灘の海岸線の比較的浅いところに炭層がある。                          壁紙1024×768
場所は宇部線床波駅の南西、宇部空港の北東で、黒崎という岬付近である。
長生炭鉱は宇部炭田の一つで昭和8年(1933)の創業、9年後の昭和17年(1942)に水没事故が発生し183人が亡くなった。
海中に2本の給排気塔(ピーヤー)が残っていて、その下には犠牲者が今も眠っているという。 09/10/1 EOS-1D/24-105
     

海岸に露出した石炭層。 以下 LUMIX DMC-FX35

わずかに残っている炭鉱住宅。賃貸で人が住んでいるようだ。
   

炭住への階段。剥離して煉瓦が露出している。

炭鉱跡は草茫々。

廃墟の風景