廃墟の風景

中央本線旧線のトンネル

2014/10/11
K10D/16-45  EOS 5D/24-105
 

■旧大岨(おおそ)トンネル/長野県塩尻市

  国道19号線、「是より南木曽路」の碑の少し北に駐車スペースがあり、ここから川沿いに南へ歩く。
  右手に集落があり、左手に山へ入る細い道がある。この道は旧中山道で、上り口に小さな標識が出ていた。
  上り口からトンネルが見えているが、馬頭観音の石仏の前まで行くとはっきり見える。
  明治44年(1911)の建造から100年以上が経過し、煉瓦がボロボロだった 。トンネルは300mあるそうだが、入口のすぐ先で埋められていた。





■旧権現(ごんげん)トンネル/長野県塩尻市

  国道19号線の桃岡橋には中央本線の鉄橋がオーバークロスしているが、桃岡橋のすぐ北に東へ脇道に入る。
  桃岡集落の民家が切れたあたりの左手に駐車できる広場があり、トイレの建物がある。トイレの左手の草道を進むとトンネルが見えてくる。
  外はまだきれいであるが、内部は崩落が進んでいて、落ちた煉瓦が堆積していた。



■旧上鐘山(かみかねやま)トンネル/岐阜県中津川市

  坂下駅付近から県道6号線を北へ、木曽川にかかる鉄橋付近でガードをくぐり、道が右へカーブするあたりに上り口がある。
    カーブのところにある道を上り、左手に進むと竹林の先にトンネルが見えてくる。

  


石組みはしっかりしている。
入り口付近に、名古屋大学理学部坂下宇宙線観測所と書かれた札があった。今でも観測所として使われれいるのだろうか。

■旧古虎渓(ここけい)1・2号トンネル/愛知県春日井市

  定光寺駅付近から古虎渓駅付近にかけては13のトンネルが残されているが、基本的には立ち入り禁止である。
  その中で、定光寺駅のすぐ南にある1・2号トンネルは立ち入りが容易なようだったので、10分ほどの短時間であったがお邪魔させていただいた。

  県道15号線から城嶺橋を渡り左折すると、東海自然歩道の入口があり、このあたりから築堤へ上がる。
  南側に1号トンネル、北側に2号トンネルがある。

  


1号トンネル北側。


1号トンネル南側。


2号トンネル南側。


2号トンネル北側。
2号トンネルは両側にビニールのカーテンが設けられている。中に何かを入れた場合の雨・風よけだろうか。


廃墟の風景