廃墟の風景

江舟口隧道

2013/9/26
EOS 5D/24-105
 
   
県道293号長門峡線の湯ノ瀬トンネルの東側、阿武川とトンネルとの間に旧道があり、そこに江舟口隧道がある。
江舟集落への道の分岐点付近にあるので、このように名付けられたのであろう。ほとんど人がやって来ないようで、草木におおわれていた。
   

隧道南口。素掘りにコンクリートの吹き付け。

隧道北口。中を電線が通っている。
   

北側には道路標識が残っている。高さ制限3.3m、幅制限2.2m。小型車が通れるくらいの大きさ。

 
2kmほど南にある長門峡水力発電所は、導水式で1959年操業開始。阿武川にかかる橋の上の文字が旧漢字でタイルで描かれている。

廃墟の風景