廃墟の風景

蕪坂かぶらざか隧道

2016/5/21 K-7
参考サイト
蕪坂隧道探訪記
   

蕪坂隧道は、奥津和野から津和野町内にぬける
旧道にある。青字が地図にない道、赤字が隧道。位置は正確ではない。
旧道は約2kmで、隧道入口まで約1km、さらに津和野町内まで約1km。今この道を通る人はほとんどいない。
筆者は西側の町道との分岐点あたりに車を止めて東へ歩いたが、出発地点から隧道をくぐった先まで往復約1時間だった。
長靴に履き替え、落石と蝙蝠の来襲に備えヘルメットをかぶり、撮影用のライトを持参した。
    

町道との分岐点。ここから出発し左の道を進む。

地図の点線が切れるあたり。ここまで車で入れる。左の道を進む。


蕪坂隧道西口。道には倒木が散乱していたが、向こう側の入口が見えているので通れることを確認できた。
     

隧道内は一部を除いて素掘りのままで、電線を通した碍子が残っていた。


中央部と両端はコンクリートで補修されていた。


蝙蝠が生息していて、明かりに驚いて飛び回る。
50頭くらいはいるのではないだろうか。


蕪坂隧道東口。こちら側も倒木が散乱していた。ここから10分くらい東へ下れば光明寺がある。

廃墟の風景