廃墟の風景

川南造船所跡

人間魚雷「回天」を製造した戦争遺跡。09/11/6 PENTAX K-7
    
向山炭鉱跡の西側に隣接しているのが川南造船所跡。バス停・浦ノ崎発電所前付近にある。
長崎にあった川南工業は、中東から輸入された原材料を加工するガラス工場で、製品を伊万里から輸出していた。昭和15年(1940)にここ
移転し、浦ノ崎造船所として貨物船の製造をはじめた。昭和18年(1943)、軍需工場の指定を受け、海防艦や人間魚雷などを製造した。
終戦後は伊万里湾重工業として、船の建造・修理、貨車や客車の製造を行ったが、昭和30年(1955)に倒産し、50年以上が経過している。


    

     

   
コンクリートの外壁は草におおわれている。
中に入って撮影したいと思いヘルメットと長靴を用意していたのであるが、柵があり立入禁止になっていたので内部の撮影はできなかった。

廃墟の風景