廃墟の風景

大阪住友セメント小倉鉱山旧積込設備

2017/10/10
EOS 7DU/18-135

国道323号線を南下すると、左手に削られ白い岩肌を見せる平尾台の山が見える。
その手前に茶色の屋根の塔屋のような建物があり、その造形が美しかった。
今は使われなくなっているようで、廃墟のにおいを感じて立ち寄ってみた。



 



ここは大阪住友セメントの小倉鉱山であるが、採掘を委託されているのは小倉興業平尾台採掘現場事務所。
かなり奥へ入ったところに採掘現場があり、稼働中の砕石・積込施設らしき建物が見えている。 関連ページ 日田彦山線から小倉鉱山を見る




石灰石はトラックに積み込まれ、ここで計量検査をして出発する。


麓の大清水神社には湧水があるが、石灰石の影響か濁っている。


2017/11/25 EOS 7DU/18-135