廃墟の風景

三軒家砲台跡 2017/10/25
EOS 7DU/10-18


明治時代中期の1896年に竣工、昭和初期の1934年に除籍された。

案内標識がなくちょっと分かりにくいが、横須賀美術館の裏山にある三軒家園地をめざして歩けば砲台跡に出くわす。

説明板のプレートに書かれた地図によると、12センチ加農砲が2基、24センチ加農砲が4基並んでいる。24センチは27センチが正しいのではないかと思う。

地図の左が横須賀美術館側で、左から右(西から東)へ見学した。12インチ加農砲座跡は確認できなったし、見張所は見過ごしてしまった。



 
 


便所跡と思われるが、今はベンチが置かれた休憩スペース。


井戸跡。


両方に階段が付いている弾薬庫。長辺だけの段と短辺だけの段を交互に積み上げたイギリス積み。120年以上経過しているが緩みがない。



司令部があった建物のようであるが、暗い森の中で煉瓦の赤さが目立っていた。



 
砲座跡。


砲台の入口である門柱。


門柱の近くにある三軒家園地の石標。下に小さく、旧砲台跡。

廃墟の風景