橋のある風景

 
   久大本線天瀬〜豊後中川 ・玖珠川橋梁下の沈み橋。 08/4/27  関連ページこちら

大分の沈み橋

欄干を設けず増水時には水没する沈下橋。1999年の高知県による一級河川のみを対象とした調査では、高知県に69か所、大分県に68か所、徳島県に56か所、宮崎県に42か所などとなっている。

2003年、大分県で一級河川以外も対象として調査したところ、180か所現存していることが分かった。高知県では沈下橋と呼ばれているが、他の地域では、潜り橋、潜水橋、そして大分県では沈み橋と呼ばれている。大分県の沈み橋についての資料の収集はまだ不十分であるが、少しずつたずねてみたいと思っている。

沈み橋は無名橋が多く、筆者が地名を橋の名にしたものを含んでいて必ずしも正式名称ではない。
                  
市町村 橋名 河川名 建造年 説明
杵築市 龍頭橋 八坂川 明治45年(1912) 土木学会選奨土木遺産。現存する日本最古の沈み橋。
大左右橋 八坂川 日豊本線の跨線橋を越えた大左右の集落の東端にある。
中津市 犬走り橋 山国川 国道500号線禅海橋のすぐ下流。禅海橋越しに石造の羅漢寺橋が見える。
穴田橋 山国川 柿坂の耶馬溪サイクリングターミナル下にある。
八日市橋 山国川 大正13年(1924) 穴田橋から3kmほど上流にある。架橋記念碑が残っている。
内山橋 金吉川 国道212号の下郷入口交差点から県道を南へ1km、内山入口バス停下。
妙ヶ野橋 山国川 下郷入口交差点から国道を5kmほど上流へ、一ツ戸城址付近にある。
神の原橋 山移川 県道28号の耶馬溪町山移。県道27号への分岐点の手前1kmの所にある。
雑徳橋 奈女川 県道28号→県道27号→県道602号。「せせらぎの郷 華じ花」付近。
神迎橋 屋形川 大正14年(1925) 本耶馬溪町今行の県道44号の石井集落から鳥越集落へ。架橋記念碑あ り。
守実橋 上志川 国道212号線と県道日田山国線の合流地点より1kmほど南。
念仏橋 山国川 昭和4年(1929) 国道496号線の山国町平小野。架橋記念碑がある。
小瀬戸橋 山国川 国道496号線の山国町小瀬戸にある。
柚ノ木橋 山国川 国道496号線の山国町柚ノ木にある。石と木で造られた沈み橋。
小原井橋 毛谷村川 国道496号線の山国町小原井にある。
豊後高田市 水取橋 桂川 水取地区と若宮八幡神社のある対岸を結んでいる。
五十石橋 真玉川 真玉温泉から700mほど南東へ。県道から見える。
国東市 長野橋 両子川 旧安岐町の県道55号線の県道34号線との交差点から1kmほど北。
宇佐市 中原橋 駅館川 国道387号線中原橋の西にある。県内最長の沈み橋で160m。
三又橋 駅館川 恵良川と津房川が合流して駅館川となる地点にある。
由布市 渡司橋 大分川 湯平駅から国道210号線を北西へ約2km、国道左手に見える。
九重町 松木橋 松木川 竜門の滝のすぐ下流。滝を近くで見るにはこの橋を渡らなければならない。
日田市 保木橋 筑後川 久大本線鉄橋南側にある。映画「男はつらいよ」第28作で寅さんが渡った。
亀山橋 三隈川 日田温泉街と亀山公園を結んでいる。三隈川から支流への入口付近にある。
大宮橋 大山川 三隈川は大山川と玖珠川に分かれるが、大山川へ分岐後すぐの所にある。
竹ノ首橋 大山川 昭和27年(1952) 大山川をさかのぼった竹ノ首にある。対岸に採石場がありトラックも通行する。
松原橋 大山川 昭和40年(1965) 竹ノ首橋から1kmほど上流にある。すぐ上流には松原ダムがある。
小ヶ瀬橋 玖珠川 三隈川から玖珠川へ分岐して2kmほど上流の小ヶ瀬町にある。
山浦橋 山浦川 久大本線杉河内駅付近、慈恩の滝のすぐ下流。
佐伯市 土紙屋橋 番匠川 旧本匠村土紙屋の県道35号線のコミュニティバス停留所「土紙屋入口」付近。
一矢返橋 番匠川 旧本匠村荒瀬の県道35号線のバス停「一矢返」付近にある。
本匠橋 番匠川 旧本匠村の中心部、本匠郵便局付近にある。
大良橋 久留須川 旧本匠村三股にあり、長崎の集落と大良の集落を結んでいる。
臼杵市 清水原橋 野津院川 昭和20年代 旧野津町清水原の野津川が野津院川へ分岐したすぐのところにある。
鍛冶屋橋 末広川 臼杵市末広鍛冶屋にあり、県道と県道を結んでいるが車は通行できない。
香堂橋 末広川 鍛冶屋橋から西へ2kmほどの香堂にあり、県道と集落を結んでいる。
耳の根橋 野津川 野津町波津久野の信号から南西へ500mほどのところ。
豊後大野市 百枝橋 大野川 旧清川村、豊肥本線百枝鉄橋の西200mほどのところにある。
知田橋 緒方川 旧緒方町、5連石造アーチの鳴滝橋の500mほど西にある。
矢田橋 平井川 旧大野町、沈堕の滝がある大野川から平井川を1.5kmほど上流へ。
中角橋 平井川 旧大野町、沈堕の滝がある大野川から平井川を1kmほど上流へ。
原尻の滝橋 緒方川 原尻の滝のすぐ上流にかかっている。
高松橋 大野川 犬飼町の国道326号線高松橋の300mほど下流。国道から見える。
天神橋 緒方川 緒方町天神の国道502号線から見える。
地獄橋 市万田川 大正14年(1925) 石造眼鏡橋の市万田橋の150mくらい上流にある。
大坪橋 平井川 大正9年(1920) 平井川に沿った市道から見える。
竹田市 長小野橋 緒方川 門田長小野、県道から長小野湧水へ行く際にこの橋を渡る。

■福岡県の沈み橋 (沈下橋 、潜水橋)
市町村 橋名 河川名 建造年 説明
行橋市 今川橋 今川 新今川橋の250mほど下流にある堰のすぐ下流にある。
筑後市船小屋 ガタガタ橋 矢部川 船小屋温泉と対岸の中ノ島公園を結んでいる。
添田町 野田橋 彦山川 道の駅「歓遊舎ひこさん」のすぐ前。
みやこ町犀川 崎山橋 今川 平成筑豊鉄道崎山駅近くにある橋脚もすべて木製の沈下橋。
田川市 伊田橋 彦山川 風治八幡宮お旅所前の川渡り神幸祭の会場にある。
直方市 下境橋 彦山川 直方駅の東、日の出大橋と勘六橋・東勘六橋の間にある。
遠賀川と彦山川の間の中洲にある遠賀川水辺館をめざす。
殿町橋 遠賀川
新町橋 遠賀川
小竹町 赤池橋 遠賀川 勝野駅の前の国道をこえたところにある。
飯塚市 芳雄橋 遠賀川   芳雄橋の南に二橋、東町橋の南に一橋ある。
両橋の中間の西岸に無料駐車場。
吉原橋 内住川
飯塚橋 内住川
若菜橋 内住川 201号線バイパスより500mほど下流にある。
 
■大分県・福岡県・四国以外の沈み橋 (沈下橋 、潜水橋)
所在地 橋名 河川名 建造年 説明
岡山県 新見市 布原橋 西川 伯備線布原駅付近。
高梁市 無名橋 日名川 成羽川へ南から流れ込む日名川の県道35号線沿いの板橋・2橋
高梁市 無名橋 成羽川 備中町平川あたり県道33号線の備北バス長砂前から見える。
岡山市 大久保橋 旭川 津山線牧山駅前にある鉄製橋脚の橋。
岡山市旧建部町 しあわせ橋 旭川 福渡駅南津山線鉄橋より少し下流にある木橋。
島根県 雲南市木次町 木次橋 斐伊川 木次大橋の南500mほどのところにある。
江津市桜江町 川戸橋 八戸川 八戸川(やとがわ)が江の川(ごうのかわ)に流れ込む手前にある。
広島県 安芸太田町 程原橋 太田川 国道191号線程原バス停の下にある全長130mの長い沈下橋。

山口県

下関市豊北町粟野 小野橋 粟野川 県道39号線の粟野小学校の南約500m。県道からよく見える。
下関市豊北町田耕 田耕橋 粟野川 城見坂の西300mの所から国道をくぐって南へ100m。国道から見えず。
下関市豊田町殿居 殿居橋 粟野川 殿居郵便局から600mくらい南へ。国道からちらっと見える。
美祢市西厚保町本郷 江の下橋 厚狭川 2010年7月豪雨後の災害復旧工事の段階で建造されたもの。
熊本県 美里町佐俣 佐俣橋 津留川 佐俣阿蘇神社北側。対岸に渡り坂道を登ると熊延鉄道跡に出る。
宮崎県 北川町川内名 東十亀山橋 鐙川 1951年 大分との県境から南へ約1km。
北川町川内名尾平 尾平橋 鐙川 1971年 市棚駅から北へ約1km。
北川町川内名足久 足久橋 小川 1961年 市棚駅の南東約1km付近。
北川町川内名猪ノ市 猪ノ市橋 小川 1978年 国道10号線から県道43号線へ約5km。
北川町川内名深瀬 深瀬橋 細見谷川 1976年 日豊本線市棚・北川間の細見谷川にかかる鉄橋のすぐ東。
北川町川内名深崎 深崎橋 北川 1965年 国道10号線から国道326号線へ約5km、北川の蛇行部にかかる。
北川町川内名長春 長春橋 北川 1971年 国道10号線から国道326号線へ約4km、国道下の町道をくぐる。


Home
橋のある風景