平家物語への旅 宇治川 05/11/10 平家物語への旅次へ
  

宇治橋。
1180年、源頼政の勧めで以仁王が平氏討伐の令旨を発し、諸国の源氏に挙兵をうながしたが事前に発覚。園城寺へと逃れ、奈良に落ちる途中に平等院に立てこもり、宇治橋をはさんで平家の軍勢と対峙した。いわゆる橋合戦。
現在の宇治橋は、昭和9年の台風で流失し再建されたものである。


宇治川先陣之碑。
宇治川の中の島・橘島にこの碑はある。
橋合戦から4年後、木曽義仲と源義経が宇治川をはさんで対峙。
梶原源太景李と佐々木四郎高綱の先陣争いの逸話はよく知られている。

中の島から見た東岸の風景。


宇治橋から上流を見る。


宇治は源氏物語の「宇治十帖」の舞台であり、宇治橋のたもとに、最近、紫式部の石像が建てられた。
  
宇治橋のすぐ下流には、京都と奈良を1時間で結ぶJR奈良線が走っている。

  

平家物語への旅次へ