銀杏の樹の下で

 十和田湖から八戸へぬける国道102号線の左側、その名も銀杏木という集
 落に案内板があり、徒歩すぐのところにイチョウの木がある。国道をはさん
 で反対側には、徒歩約10分のところに、国指定重要文化財の旧笠石家住宅
 が保存されている。

法量のイチョウ

青森県十和田市/樹齢約1000年/国指定
05/10/29 *istD/16-45