銀杏の樹の下で

神宮院の大銀杏

福岡県香春町/樹齢約800年/県指定

2000.11.29
FinePix


jinguin1.jpg (189407 バイト)
     

jinguin2.jpg (111355 バイト)
黄葉と紅葉のコントラストが美しい。

jinguin3.jpg (99575 バイト)
高座石寺のイチョウから神宮院のイチョウ
を見る。

香春町の神宮院は野生の猿と梅の名所として知られている。ずいぶん昔に、神宮院に梅を見に行き、帰りに香春焼きの窯元で壷を買った。少しキズがあったので安かったが、淡いブルーの上薬の色が好きで今でも飾ってある。

あれからかなりの年月が流れたが、ひさしぶりに神宮院をたずねた。昔はなかったと思うが、香春一の岳へ通じるセメント会社の道路が造られていて、石灰石を積んだダンプカーが頻繁に走っていた。

イチョウは境内のほぼ中央にあり、遠くからでもよく見える。たくさんの実を付けるようで、本堂の廊下にギンナンが干してあった。